杉山歯科医院 審美 インプラントセンター

従来の治療との違い

同じインプラント治療です。
どちらのインプラント治療をしたいですか?

Case1

Case1
マーキングされた部分の歯肉が下がったままですと、歯管ブラシなどで、しっかりメンテナンスしなければいけません。インプラントは何年、何十年と使うものですから、楽なブラッシング、物が挟まらないなどの快適さが重要です。

Case2

Case2
見た目の違いにお気づきになりましたか。
従来のインプラント治療に比べると、綺麗さ、快適さが著しく改善できるのが当院の特徴です。 「インプラントは何年、何十年と使うもの」と考えるからこそ、見た目の綺麗さも、とても重要だと当医院では考えております。

そのために、歯茎が細くなり、歯肉が下がってしまっている患者様の歯肉を形成し、機能的にはもちろん見た目も美しいインプラント治療を行います。当医院でマイクロスコープや歯科用CTを購入しているのは、すべて、インプラントは何年、何十年と使うものですから、楽なブラッシング、物が挟まらない、快適さ、そして見た目の綺麗さが、とても重要だと考えているからです。

ですが、当医院の技術を持ってしてもご希望に添えないケースもございます。そのようなケースの場合、患者様の身体への無理な負担を避けるためと安全な治療を行うという医師としての倫理観堅持のため、当医院ではご説明の上インプラント治療をお断りさせていただくことがございます。ご了解ください。
サンプル画像