杉山歯科医院 審美 インプラントセンター

診断システム 3 lines diagnosis system

診断システム 3 lines diagnosis system

インプラントをどこに埋めたら良いのかを決めることは、非常に重要です。そのためには、最終的な治療結果のイメージを確立する時に、歯の形だけでなく、回復したい歯茎のラインの位置も決めます。

 私は、インプラントの周りの歯茎の幅と高さには相関関係があることを、臨床的な統計実験でつかんでいます。つまり歯茎の高さを作るためには、十分な幅が必要になります。

 回復したい歯の真ん中の部分で模型を分割して、顎の頬舌的な断面を観察し、そこに回復したい歯茎のラインをもとにして、3つの基準ラインを引いてインプラントの埋入条件を決めていきます。

 これは私独自の方法ですが、それをやる様になってから、インプラントの審美的な回復の成功率は飛躍的に増加しました。なぜなら歯茎のラインを作るために必要な位置に、インプラントを埋入するからです。また、インプラントの最適な直径の決定や、組織の増量の計画立案にも非常に有効です。

CT を使った新しい診断方法

インプラントの埋入条件を決める際には、骨の形も重要だと考える歯科医師が非常に多く、現在では歯科用CTも普及しているので、術前に骨の形を把握することも可能になっています。しかしほとんどの場合、モニター上でイメージを確認しているだけです。ナビゲーションシステムといって、CTデータ上でインプラントの埋入シミュレーションをして、その情報をインプラントの埋入手術の時に使うガイドを制作することもできるようになってきていますが、骨のあるところに埋めても、審美的には上手く行かないことが多いです。さらにコスト面でも非常に高くなってしまいます。

 診断用の模型は、歯と歯茎の形しか解りませんので、私のやり方はインプラントを植える部分の歯茎の形をもとに埋入条件を決めていることになり、骨の条件は入っていません。ですからCTでの骨の形の情報を合わせることができれば、すばらしい診断方法になります。そのためにはCT上に、最終的な歯、歯茎、骨の3つの形を表さなくてはなりません。

 骨の形はCTの最も得意とするところですが、歯茎の形の把握は難しいとされています。さらに最終的な歯の形をCT上で確認するためには、X線造影性のある特殊な樹脂を使わなくてはなりませんでした。

 2010年の6月にCTを導入しましたが、簡単なテンプレートを製作することですべての問題を解決することができました。また診断用模型上の断面とCT上での観察位置をリンクさせる方法も開発しました。さらに3次元的に縦方向、横方向の角度の修正ができるステージがあれば、CT上の埋入条件を模型上に再現することができるようになりました。ですから埋入手術時に使うガイドもCTと連動して製作できます。

 自分でイメージしていた診断方法が、具体的な形になりました。この新しい診断方法を取り入れてからは、条件が良い場合にはメスで歯茎を切らないで埋入する方法が安全にできるようになり、その症例数が増えました。
サンプル画像