杉山歯科医院 審美 インプラントセンター

テッシュマネージメント

診断システム テッシュマネージメント

歯を失った場合は、既に歯を支えている骨も合わせて失っています。ですからインプラント治療を行うにあたり、骨や歯茎の量を増やすことは非常に重要です。それは、インプラントを埋められない環境を変えたり、審美的な状態を作ったり、その後の長期的安定のために必要です。

歯茎の弁を伸ばすこと

まず骨を作るためには、骨の上に材料を盛り上げて特殊な膜で覆ってから、それを歯茎の弁で完全に覆って、歯茎をきれいに治す必要があります。その時に歯茎に必要以上のテンションがかかっていると、歯茎が部分的に死んでしまい、傷が開いてしまいます。そのため減張切開という特殊な切開を加えて、歯茎の弁を伸ばさなくてはいけません。

 歯茎の弁には、2つの部分があって、一つは上方部の骨についている動かない歯茎、もう一つは引っ張ると動く歯茎です。歯茎の弁の裏側には骨膜と言って骨を覆っている膜がついていて、この膜は全く伸びないため、弁は伸びません。そこで、動く歯茎の裏側の骨膜を切る減張切開を加えることで、骨膜による抑制がなくなり、動く歯茎が伸びることで、歯茎の弁が伸びるのです。

 このように明確な原理を説明する人はあまりいないようで、海外で講演した時に「初めて減張切開の意味が解った。」と言われたことがありました。原理が解っているので、骨膜の切り方によって歯茎の弁の伸びる量をコントロールすることもできるのですが、この話については、未だに他の人から聞いたことは有りません。

 また、バランスを考えて傷を縫うことも大事です。ちょっとしたコツなのですが、それが大きな差につながるようです。

インプラントの周りに動かない歯茎を作ること

減張切開を加えると、動く歯茎が伸びます。結果的には動かない歯茎と、動く歯茎の境界部分が、歯茎の上の方に移動してしまいます。これは骨を作る時の代償です。しかしインプラントが動く歯茎で囲まれてしまうと、歯ブラシがやりにくくなり、汚れがたまりやすくなってしまいますし、とても綺麗には見えません。そこでインプラントの周りに動かない歯茎を新たに作らなければなりません。言い換えると、減張切開のために歯茎の上の方に移動した動く歯茎と動かない歯茎の境界部を、元の位置に戻さなくてはならないのです。

 一般的に最も確実と言われているのは、遊離歯肉移植術と言って、上の顎の口蓋という内側の部分から歯茎を切り取って、動かない歯茎を作りたい部分の表面の歯茎を剥いで、そこに貼付けるという方法です。傷口が2カ所になってしまい、患者さんには不評です。

 しかし私には傷口が一つですむ、オリジナルのテクニックがあります。動かない歯茎を作りたい部分の切り方、剥ぎ方、縫い方がポイントになります。そのまま歯周パックと言う、口の中の包帯のようなもので、覆っておいても動かない歯茎はできます。傷の保護を考え、少しでも歯茎を厚くしたいので、いまはコラーゲンのシートを縫い付けています。2社ほどコラーゲンシートのメーカーも、私のやり方に興味を持っていただいております。

 10年程前から取り組んでいて、最長で10年の症例があります。当初はレーザーメスを導入して、レーザー特有の効果を期待していたのですが、結論としてはただの切る道具でした。現在は出血を少なくするために使っています。

 このテクニックの開発によって、私のインプラントへのアプローチは変わりました。このテクニックがあるので、減張切開も怖くありません。何故なら、いくら動く歯茎と動かない歯茎の境界部が動いても、傷口一つでもとに戻せるからです。また動かない歯茎を作るために、通常はメスで歯茎を切って、動かない歯茎を頬側に移動させたりします。しかし不用意に行えば切ったり、縫ったりした痕が目立ってしまいます。私の場合は動かない歯茎があるので、インプラントの上の粘膜を切り取ってしまえばいいので、非常に短期間で綺麗な状態に仕上げられます。

 私のほとんどの症例に、この方法を応用していますので、10年を筆頭に良好な長期経過例もたくさんあり、自信をもって安心してお勧めできます。

粘膜の厚みを増やすこと

粘膜の厚みを増すことも必要になります。歯茎の結合組織という部分を移植する方法が確実と言われています。しかし、これも傷口が2つになってしまいますし、日本人の場合は歯茎が薄いので、十分な量の組織が採取できない場合もあります。

 人工的な材料で歯茎の厚みを増やすことができれば、有効な方法になります。インプラントの手術をする場合に歯茎を骨からはがすのですが、その時には骨膜を傷つけます。減張切開を入れる場合は、骨膜を切るのですからなおさらです。体は傷つくと必ず治してくれますので、骨膜は治癒しますが、その時にコラーゲン繊維を多く含んだ、硬い組織の層も作られるようです。これは実際の手術の時に、麻酔をする時の圧力や、2回目の減張切開を使った時に確認できます。

 インプラント埋入手術の時に、コラーゲンのシートを骨膜の下に挿入することで、先ほどの硬い組織の層を厚くすることができることがわかり、今は積極的に応用しています。人工的な材料で先に歯茎の厚みを増しておいてから、動かない歯茎を作ることで、各々の手術の時に、傷を一カ所ですませ、長期的にも安定した状態を作りだしています。


 日本人の場合は、私の経験でほとんど100%が薄い歯肉をもつ患者さんです。台湾、シンガポール、タイなどアジアではほとんど同じような状況らしいのですが、韓国はちょっと厚い人が多いようです。また、ロシア人の歯医者さんに聞くと50%、ドイツ人で30%の患者さんが、薄い歯肉を持っていると言うことです。世界中に薄い歯茎の患者さんはいらっしゃるようです。現在のインプラント治療のトピックのひとつに、薄い歯茎への対応方法があります。私の最も得意とするところですが、インプラントの周りに人工的な材料だけで、傷口一つで厚く動かない歯茎を作る技術は、どこで講演しても、興味をもつ先生方が多いです。
サンプル画像